共産党荒木てつオフィシャルサイト
共産党荒木てつオフィシャルサイト

荒木てつのプロフィール

1962年世田谷区生まれ。
3歳の時に狛江市猪方へ転居。
いずみ幼稚園、狛江市立三小・二中、桐蔭学園高校、東京理科大学大学院卒。
1989年〜2022年、都内私立学校に数学教師として30年あまり勤務。
職場で教職員組合を結成、委員長などを務める。
狛江探鳥会会員。
平和憲法を広める狛江連絡会世話人。
家族は妻と長女。
趣味はバードウォッチング、カブトムシ飼育、ボクシング観戦。
2023年4月の狛江市議会議員選挙で初当選。
2023年9月現在、建設環境常任委員


虫や鳥が大好き「トンボ捕りの名人」

1962年、世田谷区に生まれ、3歳の時に狛江市の猪方に越してきました。小さい頃から動物を飼ったり、昆虫を捕まえることが大好きで、多摩川などでよく虫を捕まえて遊んでいました。動物や昆虫の知識が豊富で、自称「トンボ捕りの名人」です。

現在も時間が取れるときは狛江探鳥会に参加しています。

中学で数学の魅力に目覚め、教師に

中学校で数学の魅力に目覚め、本を一生懸命読み、自分で問題を作って解いていました。数学が大好きで、大学は東京理科大学の数学科に入学しました。

大学卒業後、都内の私立学校の数学教師になりました。33年間、子どもたちに本当の数学を教えたいという気概に燃えて教壇に立ちました。他校の先生たちとも交流しながら、楽しくわかる授業づくりに取り組みました。

「生徒の自主性」を大事にすることも心がけ、ある生徒から「クラスの雰囲気が明るくて楽しかった」という声をもらいました

良い教育のため、平和で豊かな未来を残すために

他校の先生たちと交流する中で、良い教育をするには、職場の環境をよくしなければならないと痛感するようになり、有志で労働組合を結成しました。組合では、理事者側が勝手に改ざんした俸給表を元に戻させ、4年分の未払い賃金を払わせたり、産前産後の休暇についても、産前6週間だったのを8週間に改善させたりしました。

子どもたちに平和な未来を残すには、憲法を守り、二度と戦争を起こさせないこと。1922年の党創立から一貫して反戦平和を貫いてきたのが日本共産党であることを知り、入党しました。

市民の笑顔が輝く狛江にしたい

2023年4月の狛江市議会議員選挙で初めて市議会議員に押し上げていただきました。 教職教員の経験を活かして、教職員の増員と30人学級、子どもの権利条例の制定をはじめ、公約の実現に全力で取り組みます。市民のみなさんの声を聞き、市議会に届け、「笑顔が輝く狛江市」をご一緒に創っていきます。
ご支援・ご協力をお願いいたします。

荒木てつの活動報告

教育

福祉

生活支援

環境

まちづくり

産業振興

活動報告ビラ

その他

2024 / 06/6


図書館 住民投票条例 自民・公明・維新など反対否決


まちづくり

定員あふれる100名近くが傍聴

5月15 日の臨時市議会で「図書館のあり方に関する住民投票条例案」が審議され、傍聴席定数を大幅に超過する約100名の市民が第2会場も含め傍聴するなか、自民、公明、分・維新、立憲、生活ネ、吉野議員の反対で否決されました。賛成は日本共産党市議団とひらい里美議員。

必要数の3倍、4千筆の署名

住民投票条例案は直接請求署名が必要数の約3倍(有効署名 4060筆)集まったことを受け、市長が提案したもので、中央図書館を分割・移転して大人の本と子どもの本をバラバラにしてしまうのか、それとも大人の本も子どもの本もある中央図書館を現在地で拡充するのかを「市民の声を直接聞いて」決めようというものです。

長年、現在地での拡充を前提に市と市民の協働ですすめられてきたのに…

自民党などは、市長選で松原市長が勝利したことや現在地での拡充に多額の予算がかかることなど反対理由にあげましたが、日本共産党は西村あつ子議員が、市長選挙ではこの問題だけが争点になったわけではなく、市が示した5案のうち2案は、分割・移転とほぼ同額で現在地で拡充できるものであると反論。長年現在地での拡充を前提に市と市民の協働ですすめられてきたのに、市が市民の意見を聞かずに分割・移転を決めてしまったことに大きな問題があるとして、住民投票で広く市民の声を聞いて決めるべきと賛成討論を行ないました。

請求代表者4人が陳述――市長選で決着済とは言えない

条例制定請求代表者の意見陳述では、小俣三郎 さんが、図書館分割は多くの市民に知られておらず「2020 年の市長選挙で決着ず み」などとは言えないこと「だからこそ今回短期間に必要数の約3倍の4千筆を超え る署名が集まった」と述べ「その重みをしっかりと受け止めてほしい」と訴えました。

子どもの本と大人の本をバラバラにするのでなく

元図書館司書の林健彦さんは「おとなの本と子どもの本をバラバラにして400 メ ートル離れた別の施設に配置する」ことについて、「新しい図書館には子どもを連れてくるなと言われているようだ」などの声を紹介し「子どもの分離でなく共存こそが必要」と指摘しました。

条例に則った市民参加が行なわれなかった

周東三和子さんは、条例に則った市民参加が行われないまま市が分割・移転方針を決定し、「不便になる」「なぜ分割移転なのか説明がない」など多くの問題点が指摘されているとして、住民投票の実施を求めました。

住民投票は法で認められた市民の権利

立川節子さんは、住民投票は地方自治法で認められた市民の権利であり、「狛江市が市民参加を大切にする街であることをアピールする大きなチャン ス」になるとして「水と緑、そして住民投票の街 狛江をともに作りましょう」と呼びかけ ました。

市民の声が届く市政を

議会終了後のマスコミ取材で周東三和子さんは「これまで市民運動に参加したことのない多くの方々が署名活 動にとりくまれた。良い図書館に したい、市民の声が届く市政にしたいなどの思いが議会では受け入れられません でしたが、そうした市民の願いが生かされるとりくみをみなさんといっし ょに考えていきたい」と話しました。



荒木てつの政策

  • 荒木てつの政策です。みなさんと力を合わせて実現します。
  • 学校給食費の全員無償化
  • 高校生までの医療費の完全無料化
  • 教職員の増員と30人学級の実現
  • 市内中学校に難聴学級を開設
  • 市民・事業者に物価対策支援を実施
  • 国保・介護・医療の負担軽減
  • 難聴者への補聴器購入費助成の実施
  • ひとり親家庭・若者への家賃補助
  • 猪方樋管への強力な排水ポンプの早期整備
  • 気候危機打開、ジェンダー平等の推進
  • 狛江・調布保健所の復活
  • 中央図書館を現在地で充実
  • 南部地域の交通利便の改善